身長を伸ばす7つの方法!食べ物・睡眠は?子供の成長は?遺伝関係なし?ポイント解説

子どもの身長が標準より小さかったりすると、親としては心配になりますよね。
だからといって、「具体的に何をすれば身長が伸びるのか分からない」なんて親御さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回、子供の身長を伸ばすポイントや、身長を伸ばす7つ方法をご紹介します。

身長を伸ばす5つのポイント

子供の身長を伸ばすために気を付けたいポイント5つをまとめてみました。

  • 栄養
  • 日光
  • 睡眠
  • 姿勢
  • 休息

では、ひとつひとつ詳しく解説します!

1.食事の栄養バランス

身長を伸ばすといえば、小魚・牛乳などの「カルシウム」を想像するのではないでしょうか。

もちろんカルシウムは大切ですが、他にも丈夫な骨にするために摂取したい栄養素があります。

例えば「たんぱく質」は、骨を成長させるために必要なので、カルシウムと同じくらい重要です。

さらに、たんぱく質とカルシウムの吸収をアップさせる「ビタミン類」、成長ホルモンを調整してくれる「亜鉛」、骨を強くする「マグネシウム」なども、骨を作る上で欠かせない栄養素です。

これらを全て食事でまかなうのは大変ですが、インスタント食品やお菓子類を控えめにするなどして、できるだけバランスの良い食事を摂るようにすると良いでしょう。

サプリで補うのもアリ♪

最近では子供向けのサプリメントも沢山あるので、普段の食事にプラスして上手に活用するのもおすすめです。

おすすめの成長サプリ比較表

商品 ドクターセノビル
ドクターセノビル
ノビエース
ノビエース
プラステンアップ
プラステンアップ
ノビルン
ノビルン
セノビック
セノビック
成分 アルギニン
スピルリナ
シトルリン
ボーンペップ
α-GPC
オルニチン
ビタミンB1・B2
ビタミンB6・B12
ビタミンD
モリンガ
沖縄島野菜28種類
カルシウム
ビタミンB1・B2・B6・C・D
大豆プロテイン
α-GPC
必須アミノ酸
HMB
BCAA
クレアチン
DHA
GABA
アルギニン
植物性乳酸菌発酵エキス
HMBカルシウム
ビタミンB群
マグネシウム
アミノ酸
乳酸菌
ビタミン
亜鉛
ミネラル
αGPC
アルギニン
アルギニン
シトルリン
オルニチン
α-GPC
ビタミン
アミノ酸
ミネラル
ボーンペップ
カルシウム
ビタミンD

ボーンペップ
パイン
マスカット
グレープフルーツ
ココア グレープ ラムネ
ココア
ぶどう
パイナップル
ミルクココア
いちごミルク
カフェオレ
バナナ
ヨーグルト
おすすめ年齢 中学生・高校生 小学生・中学生・高校生 中学生・高校生 小学生・中学生・高校生 小学生・中学生・高校生
詳細 ドクターセノビルの詳細 ノビエースの詳細 プラステンアップの詳細 ノビルンの詳細 セノビックの詳細

ドクターセノビル

ドクターセノビル

・アルギニンを1包あたり2,500mgと高配合
・豊富な栄養素が詰まった「スピルリナ」配合
・安心・安全にこだわった国産品

ドクターセノビルは、体内では消費されやすいアルギニンを効率よく補給できるサプリです。アルギニンと相性の良い栄養素も入っているので、成長期やスポーツを頑張るお子さんをしっかりサポートしてくれます。

また、味もパイン・マスカット・グレープフルーツの3種類から選べます。お子さんのお好みに合わせて飲むことができるのも嬉しいですね。

飲み方 粉末を水で溶かす
マスカット・パイン・グレープフルーツ
注目成分 アルギニン
スピルリナ
シトルリン
ボーンペップ
α-GPC
オルニチン
ビタミンB1・B2
ビタミンB6・B12
ビタミンD
価格(税抜) 定期コース10,584円
通常コース21,168円
送料 無料
返金保証 60日間
副作用・アレルギー等 卵・大豆・ゼラチン
おすすめの年代 中学生・高校生
解約 最低2回の受取後

\ アルギニンを高配合! /

ノビエース

ノビエース

・スーパーフード モリンガ(国産)使用
・大豆由来のプロテインで成長期を応援!
・効率良い体づくりをサポートする「BCAA・HMB」

スーパーフード「モリンガ」を採用。カルシウム・ビタミン・アミノ酸・鉄分・ミネラル・食物繊維などをバランスよく配合していて、成長期のお子さんを全方位からサポートしてくれます。

また、大豆由来のプロテイン、トレーニングの効率をアップさせる注目の成分「HMB」を採用。必須アミノ酸の力で、丈夫な体づくりを応援します。

飲み方 粉末を水または牛乳で溶かす
ココア
注目成分 モリンガ
カルシウム
沖縄島野菜28種類
大豆プロテイン
アルギニン
ビタミンB1・B2・B6・C・D
HMB
α-GPC
クレアチン
必須アミノ酸
BCAA
GABA
植物性乳酸菌発酵エキス
DHA
価格 ・定期コース 初回2,138円
・通常6,458円
送料 無料
返金保証 30日間
副作用・アレルギー等 乳・大豆・やまいも・モモ・キウイ・りんご・豚肉
おすすめの年代 小学生・中学生・高校生
解約 いつでもOK

\ 30日間返金保証あり /

プラステンアップα

プラステンアップ

・プロテインの約10倍!HMB配合
・ビタミンB群・亜鉛・マグネシウム配合
・アミノ酸18種で成長期をサポート

プラステンアップαは「運動・栄養・リカバー」の三大要素を、バランスよく考えて作られたサプリ。

1回分でプロテインの約10倍のHMBを補給できる「HMB」を配合。

また、成長期の体づくりの土台になる「アミノ酸18種」、栄養が偏りやすいお子さんのための「ビタミン」「ミネラル」「αGPC」「野菜発酵エキス」など、多方面から体づくりをサポートしてくれます。

飲み方 粉末タイプ、水で溶かす
グレープ
注目成分 HMB
ビタミンB群
乳酸菌
亜鉛
マグネシウム
アミノ酸
ミネラル
αGPC
アルギニン
価格 ・定期コース 初回1,980円
・通常 10,778円
送料 無料
返金保証 20日間
副作用・アレルギー等 乳・やまいも・鶏肉・りんご・ゼラチン・大豆
おすすめの年代 中学生・高校生
解約 回数の縛りなし

\ プロテインの約10倍のHMB /

ノビルン

ノビルン

・カルシウム+吸収力をサポートする成分
・注目成分「ボーンペップ」配合
・タブレットタイプで食べやすい

ノビルンはタブレットタイプになっていて、牛乳が苦手だったり、好き嫌いが激しいお子さんにおすすめです。
味もラムネ・ココアチョコ・ぶどう・パイナップルの4種類あって、お菓子のような感覚で食べられます。

もちろん成分もしっかり入っています。骨を形成するカルシウムと、カルシウムの吸収をサポートするマグネシウム・たんぱく質・ビタミンDなどもしっかり配合。

成長をサポートするのに必須なアルギニンやα-GPC、シトルリン・オルニチンなどもギュッと詰まっています!

飲み方 そのまま食べられる
ラムネ・ココア・パイナップル・ぶどう
注目成分 シトルリン
アルギニン
オルニチン
ボーンペップ
ビタミン
α-GPC
アミノ酸
ミネラル
価格 ・定期コース 初回1,980円
・通常6,900円
送料 無料
返金保証 14日間
副作用・アレルギー等 卵・乳・大豆
おすすめの年代 中学生・高校生
解約 3回以上継続

\ おやつ感覚で食べられる! /

セノビックプラス

セノビック

・ミルクティーなど味が色々ある
・独自成分「オリゴミル」が吸収力をアップ
・解約の縛りがない

成長サプリで有名な、ロート製薬「セノビック」の通販限定商品です。

牛乳で割るタイプの飲料で、定番のミルクココアをはじめ、6つの味から選ぶことができます。

成長期に摂りたいカルシウムや鉄、ビタミンD・ボーンペップはもちろん、ロート製薬独自の「オリゴミル」をカルシウムと一緒に摂ることで、より吸収をアップしてくれます。

飲み方 粉末タイプ、牛乳・水で溶かす
ミルクココア
ミルクティー
カフェオレ
いちごミルク
バナナ
ヨーグルト
注目成分 カルシウム

ビタミンD
ボーンペップ
オリゴミル
ビタミンC
ビタミンK2
価格 1,296円
送料 定期購入は4,000円以上(通常購入は5,000円以上)で送料無料
返金保証 なし
副作用・アレルギー等 乳・卵
おすすめの年代 中学生・高校生
解約 2回目から解約可能

\ 6つの味から選べる! /

アスミール

アスミール

・3種類カルシウム配合
・初回500円で試せる
・ケガ・入院などの保険つき(定期コース)

アスミールは、魚・胡麻・珊瑚から摂れた「トリプルカルシウム」を配合することで、子供の体にもカルシウムが吸収しやすいように考えて作られたサプリメントです。

他にも成長期の子供に必要な、8種類のビタミン群や亜鉛・アルギニンなど、すべて入っています。

また、定期コースを申し込みすると、病気やケガを保証してくれる保険もついてきてお得です。

飲み方 粉末タイプ、牛乳・水で溶かす、料理に入れる
ココア
イチゴミルク
メロン
ピーチ
注目成分 トリプルカルシウム
マグネシウム

アルギニン
ビタミン8種
DHA、EPA
亜鉛
プラセンタ
価格 初回500円
定期コースは2回目以降3,980円
送料 定期購入は送料無料
返金保証 なし
副作用・アレルギー等 乳・卵
おすすめの年代 小学生・中学生・高校生
解約 いつでも解約OK

\ 初回限定500円! /

トータルアップ

トータルアップ

・吸収力が高い「単独のアミノ酸」配合
・成長期に摂りたい成分を高濃度配合
・砂糖や人工甘味料、保存料など無添加

トータルアップには、成長期に必要な複数のアミノ酸を高濃度配合。
それらを助けるビタミンB群やビタミンC、ビタミンAなどがバランスよく入ったサプリメントです。

また、単独のアミノ酸が配合されているので、吸収力が高く、素早く吸収するのが特徴です。

国内のGMPを取得した工場で生産、人工甘味料や着色料・香料なども不使用で、安全にもこだわって作られています。

飲み方 錠剤
注目成分 アルギニン
スピルリナ
ビタミンC
ビタミンA
ビタミンB群
アミノ酸17種
ビタミンD
ボーンペップ
カルシウム
価格 ・1袋9,770円
・3袋24,970円
送料 全国一律880円
(1万円以上で送料無料)
返金保証 キャンセル・返金不可
副作用・アレルギー等 卵・大豆
おすすめの年代 中学生・高校生

\ 高濃度アミノ酸配合 /

ジュニサプ

ジュニサプ

・特許成分「ポリカン」配合
・砂糖・香料・人工甘味料など不使用
・トリプルカルシウム配合

ジュニサプは、カルシウムの吸収力をサポートする特許成分「ポリカン」を配合していて、さらに3種類のトリプルカルシウムを配合しています。

さらにカルシウムとマグネシウムの配合比が2:1の「ドロマイト」も配合。

ジュニア世代の骨の成長をしっかりサポートしてくれるサプリメントです。

飲み方 錠剤
注目成分 トリプルカルシウム
ポリカン(特許成分)
ドロマイト
ビタミン11種
ミネラル
BCAA
アルギニン
価格 定期コース4,980円
通常価格9,960円
送料 無料
返金保証 キャンセル・返金不可
副作用・アレルギー等 卵・乳・ゼラチン
おすすめの年代 小学生・中学生・高校生

\ 特許成分で吸収力UP /

2.日光を浴びる

最近では女子・男子に問わず、小さいうちから日焼け対策をしている子が多いです。
ですが、子供の成長には「適度に日光を浴びる」ことが大切なんです。

日光を浴びると、体内で「ビタミンD」が生成されます。

ビタミンDは骨に必要なカルシウムの吸収を良くするので、1日のうち少しでも良いので、外で活動して日光を浴びることをおすすめします。

3.質の良い睡眠をとる

「寝る子は育つ」というくらい、成長に睡眠は欠かせませんよね。

ただし、ただ長い時間眠れば良いというわけでもなく、「深い眠りにつく」ことが重要です。

骨を作るために必要な成長ホルモンは、深い眠りについたときに多く分泌されるからです。

日中は適度に運動をすること、精神面でもストレスを貯めずに安心できるようにし、ぐっすり眠れるような生活環境を整えてあげることが大切です。

4.姿勢をよくする

意外かもしれませんが、姿勢を良くすることも身長が伸びることと関係しています。

猫背でいると骨に負担がかかり、身長が伸びにくくなります。

また、座っているときの姿勢も大切で、背中がまるまっていると腰や首に負担がかかってしまいます。

ですので、普段から背筋を伸ばすように心がけることが大切です。

5.適度な休息も必要

身長を伸ばすために運動は必須ですが、やりすぎは禁物です。

プロスポーツ選手にも、必ずオフがありますよね。

実際にスポーツをしているお子さんが一定期間練習を休むことで、身長が伸びたというケースも沢山あります。

運動と休息をバランスよく取ることも、子供の成長に大切なことと言えます。

身長が伸びる仕組み

子供の「身長が伸びる」「背が伸びる」と言いますよね。
これは実際どういう事なのかというと、「骨が伸びる」ことを指します。

では、骨はどのように伸びるかを説明します。

骨のひとつひとつには「骨端線」という部分があります。
骨端線はいわゆる軟骨の部分で、「成長軟骨帯」とも呼ばれています。
この骨端線に成長ホルモンが働きかけ、さらにカルシウムが加わることで、骨になって伸びていきます。

骨端線は子供のうちだけあり、成長とともに性ホルモンが分泌される思春期になると、骨端線が閉じて骨の成長は終わります。


骨端線が完全に閉じてしまうと、再び骨が伸びることはないので、成長期のうちにできるだけの対策をしておくことが重要です。

次の項では、子供の身長を伸ばすために大切な5つを、具体的に解説します。

身長を伸ばす方法7つを解説

1.身長を伸ばす「食べ物」

上記でもお伝えしたように、カルシウムさえとっていれば身長が伸びる、というわけではありません。
では、具体的には何を食べれば良いのか、低身長のお子さんにおすすめしたい栄養素と、その栄養素が含まれる食べ物をいくつか挙げてみます。

  • カルシウム
  • たんぱく質
  • ビタミンD
  • ビタミンK
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • アミノ酸
  • アルギニン
  • シトルリン

    では、これらの成分について詳しく見ていきましょう。

    カルシウム

    骨を作るメインの栄養素です。

    カルシウムは、牛乳・豆乳・小松菜・小魚などに多く含まれます。

    たんぱく質

    骨はもちろん、体を作るうえで重要な栄養素です。

    鶏肉・しらす・納豆・きなこなどは、良質なたんぱく質です。

    ビタミンD

    カルシウムの吸収率を上げて、丈夫な骨を作ります。

    ビタミンDを多く含む食べ物は、きのこ・鮭・さんま・うなぎなど。

    ビタミンK

    骨にカルシウムをくっつけて、骨を丈夫にします。

    ブロッコリー・ほうれん草・海苔・納豆・わかめなどには、ビタミンKが多く入っています。

    マグネシウム

    マグネシウムは、骨や歯の強度を高めてくれます。

    マグネシウムは、のり・わかめ・干しエビ・ごま・米ぬかなどに入っています。

    亜鉛

    亜鉛はたんぱく質を構成したり、ホルモンを調整します。

    亜鉛を多く含んでいる食べ物は、豚レバー・牡蠣・うなぎの蒲焼きなど。

    必須アミノ酸

    たんぱく質はアミノ酸からできています。アミノ酸は20種類あり、非必須アミノ酸11種類、必須アミノ酸9種に分かれます。非必須アミノ酸は体内で作られますが、非必須アミノ酸は食べ物からでしか摂取できません。

    必須アミノ酸はお米や小麦にも入っていますが、肉や魚に比べると少ないです。
    ですので、育ち盛りのお子さんの場合は、良質なたんぱく質である肉や魚から、必須アミノ酸を摂ることをおすすめします。

    非必須アミノ酸を多く含む食べ物は、牛肉・豚肉・鶏肉・まぐろ・カツオ・鶏卵・チーズなど。

    アルギニン・シトルリン

    アルギニンは非必須アミノ酸のひとつで、体内でも作られます。ですが子供の場合は体内で作られにくく、運動などで消費されやすいため、食べ物から摂取したい成分のひとつです。

    アルギニンには「成長ホルモンの合成を促す」「免疫力を高める」「脂肪の代謝を良くし、筋肉を強化する」などのする働きをします。

    鶏肉・うなぎ・大豆・ニンニク・納豆・えび・ごま・牛乳などにアルギニンが含まれています。

    2.身長を伸ばす「睡眠」

    上記でも説明したように、身長を伸ばすには「質の良い睡眠」をとることが重要です。

    睡眠状態は下記の2種類があります。
    ・レム睡眠(浅い眠り)
    ・ノンレム睡眠(深い眠り)
    これが交互に起こっています。

    成長ホルモンは、深い眠りのノンレム睡眠の時に多く分泌されます。

    正常な睡眠であれば、最初の90分が深い眠りにつくときなので、身長を伸ばしたい場合は、この時間帯にぐっすり眠ることが大切です。

    ぐっすり眠るには
    ・寝る前のスマホやパソコンを控える
    ・日中の適度な運動
    ・カフェインを摂りすぎない
    などに注意し、自宅で子供がリラックスできる環境が必要です。

    また、子供が成長するために取りたい睡眠時間は、年齢によっても違います。

    年齢別にご紹介します。

    年代 年齢 睡眠時間
    小学生 612 911時間
    中学生 1213 811時間
    1415 810時間
    高校生 1517 810時間
    18 79時間

    この時間を目安に、睡眠をしっかり取るようにしましょう。

    3.身長を伸ばす「運動」

    バスケットボールやバレーボールなどのスポーツをすると、身長が伸びると聞いたことはありませんか?

    身長を伸ばすには、ジャンプのような「骨に縦方向の刺激を与える動き」が良いと言われています。

    バスケットボールやバレーボールは、ジャンプする動きが多いスポーツなので、身長が伸びると言われる理由なのでしょう。

    他にも身長が伸びるスポーツとして、水泳なども挙げられます。
    水泳は全身を使いますし、クロールや背泳ぎなど、縦方向に伸ばす運動が加わるためです。

    上記で挙げたようなスポーツ以外でも、自宅で簡単にできる方法として「縄跳び」や「トランポリン」などがあります。

    身長を伸ばすためにおすすめなスポーツ・運動

    ・縄跳び
    ・水泳
    ・バスケットボール
    ・バレーボール
    ・トランポリン

    4.身長を伸ばす「ストレッチ」

    身長を伸ばすにはストレッチが良いとよく聞きませんか?

    結論から言えば、ストレッチをすることで身長が伸びるわけではありません。
    なぜかというと、ストレッチは筋肉を伸ばすことなので、骨が伸びるわけでは無いからです。

    ですが筋肉を柔軟にすることで、間接的に身長を伸ばすお手伝いをしてくれます。

    からだをほぐしておくと、よく眠れたり、成長ホルモンの分泌を促したりと、良いことが多いのも事実。
    これは「背伸び」も同じことが言えます。
    なので簡単なストレッチを、毎日の習慣に摂り入れると良いでしょう。

    こういったストレッチでよく見かけるのが「正座」を使ったストレッチです。
    正座したまま後ろに倒れることで、大腿四頭筋が伸びて血行がよくなり、成長ホルモンに良い影響を与えてくれます。
    簡単にできるので、試してみて下さいね♪

    5.身長を伸ばす「姿勢」

    ストレッチとも関係していますが、子供の姿勢を良くすることは、成長に直結します。
    なぜかというと、姿勢が悪いと骨の歪みの原因になるからです。

    例えば猫背になると、首や背中をはじめ、腰や全体の骨が歪んでしまいます。

    座る姿勢も重要で、腰などに負担がかかるため、お子さんが正しい姿勢で座れているかチェックすると良いでしょう。

    もしお子さんが猫背だったり、前屈みで座っていたりする場合は、正しい姿勢になるように促してあげることが大切です。

    背伸びなども摂り入れると、姿勢が正されますし、体幹にも良いです。

    6.身長を伸ばす「生活リズム」

    生活リズムを整えるだけで、身長を伸ばせる可能性が高くなります。

    ですが中高生になると部活が忙しくなり、帰ってから深夜まで勉強したり、友達と夜遅くまでスマホでやり取り、なんてことも増えてきます。

    そうなってしまうと、成長ホルモンが分泌される時間に眠ることが難しくなってきます。

    「勉強は朝早く起きてする」「スマホは時間を決めて使用する」など、ちょっとした工夫をして、生活リズムを作ることが大切です。

    7.身長を伸ばす「タイムリミット」

    上の項でお伝えしたように、骨端線が閉じるまでが、身長を伸ばせるタイムリミットになります。

    このタイムリミットは、生活習慣を改善することでコントロールすることができます。

     

    そのカギとなるのが「性ホルモン」です。思春期に入り性ホルモンが分泌されることで、骨端線は閉じていきます。

     

    実は欧米人に比べると、日本人は思春期の到来が早いと言われています。

    その原因は「睡眠不足」と「肥満」が大きく関係しています。

    睡眠不足や肥満になると、性ホルモンは分泌されやすくなります。

    そのため「十分な睡眠時間をとる」「間食に気を付ける」など気を付けると、性ホルモンの分泌を抑えることができます。

    身長が伸びるピークはいつ?男子・女子では違う?

    上記でもお伝えしたように、身長を伸ばすには骨端線が伸びないうちに対策をする必要があります。

    骨端線が閉じるのは、平均で18歳頃と言われています。

    また、身長が伸びるピークは個人差がありますが、男子と女子でも違ってきます。

    ほとんどの場合は、大きく成長する成長スパートと、身長が伸びるピークは以下の時期と言われています。

    成長スパート ピーク
    男子 10歳~15 13
    女子 8歳~12 11

    身長が伸びる3つの時期とは

    成長のピークのお話をしましたが、子供の成長は3つの時期に分かれています。
    時期によって身長が伸びる要素が違ってきます。

    0歳~4才(乳幼児)

    この時期は「食事からの栄養摂取」が大切な時期です。

    産まれた時に50センチ前後だった身長が、4才になる頃には2倍近くに成長します。

    4歳~(幼児~小学生)

    4歳から思春期に入るまでの間は「成長ホルモン」で大きく成長する時期です。

    栄養をしっかり摂ることはもちろん、成長ホルモンのために「睡眠をしっかりとる」「ストレッチで体を伸ばす」などが大切です。

    思春期(中学生~高校生)

    思春期になると、成長が一気に加速する「成長スパート」の時期に入ります。

    女子の成長スパートの平均は11歳、男子は13歳が平均で、ピークが訪れます。

    これが過ぎると身長の伸びも緩やかになっていきます。

    身長が伸びるサインを見逃さないためには?

    成長のピークをお伝えしましたが、もちろん個人差はあります。

    そのため、自分の子が成長スパートに入ったことを見逃さないためにも、身長や体重をこまめにチェックしておくことが大切です。

    「子供は横に伸びてから、縦に伸びる」なんてよく言いますよね。

    たくさん身長が伸びる前には、体重がぐっと増える事が多いです。

    そういった身長が伸びるサインを見逃さないようにすると、身長を伸ばすサポートもしやすいです。

    身長を伸ばすために実践している事を調査!

    寝る前に食べるとエネルギーが食事の消化に使われてしまうと聞いて、寝る2時間前からは何も食べないようにしています。

    【15歳(高校生女子)】

    寝る前と、朝起きたときにストレッチをやっています。ストレッチするとよく眠れる気がします。

    【13歳(中学生・男子)】

    身長を伸ばしたくて、バスケをはじめました。練習後はお腹もすくし、沢山食べています!

    【10歳(小学生・男子)】

    筋トレのやりすぎは逆効果って聞いてびっくり。なので適度にやるように心がけています。

    【16歳(高校生・男子)】

    ぶら下がるといいって聞いて、毎日鉄棒にぶら下がっています。

    【14歳(中学生・男子)】

    母がカルシウムとビタミン多めの献立にしてくれています。よく噛むことで、栄養の吸収を良くするように心がけています。

    【13歳(中学生女子)】

    身長を伸ばしたくて牛乳とかも飲みますが、亜鉛がいいって聞いてサプリメントも飲んでます。あと縄跳びも採り入れています。

    【16歳(高校生男子)】

    身長を伸ばす方法Q&A

    高校生です。明日までに身長を伸ばしたいのですが、一瞬で身長を伸ばす方法はありますか?

    身体測定などがあり、速攻で身長を伸ばしたいという人もいますよね。
    残念ですが、一瞬で身長が伸びるということはあり得ません。

    強いて言えば、姿勢が悪かったりすると、本来の身長よりも低く測定されることはあります。
    そのため、ストレッチなどをして、正しい姿勢をキープすることをおすすめします。

    牛乳を飲むと、本当に身長は伸びますか?
    また、他にとったほうが良い食べ物はありますか?

    牛乳にはカルシウムやたんぱく質・ビタミン類など、骨の成長に欠かせない栄養素が沢山入っています。
    ただし、牛乳だけでは必要な栄養素を全て摂取することはできません。

    ですので、牛乳はもちろん、野菜や肉などバランスよく食べると良いでしょう。

    身長は遺伝しますか?

    子供の身長は、遺伝も関係していると言われています。
    ただし100%遺伝なわけではなく、遺伝の他に生活習慣などによっても身長の伸び具合は変わってきます。

    よく食べ、良く寝る、よく運動する、をしっかり行い、規則正しい生活をすることが大切です。

    骨端線が閉じるサインはありますか?

    骨端線が閉じる、具体的なサインはありません。
    但し、レントゲンを撮ることで骨端線は確認できます。

    また、骨端線は性ホルモンとも関係しています。
    成長とともに性ホルモンが多く分泌されて大人の体になると、骨端線は閉じます。

    身長が伸びる子の特徴は?

    身長が伸びる子の特徴として「両親の身長が高い」という場合もあります。
    ただし、これはあくまでも統計上の話で、そういう場合が多いということ。
    両親の身長が平均的な場合でも、子供は身長が高くなることもあります。

    また、上記でも解説したように、身長が伸びる背景には「骨端線」が関係しています。
    そのため骨端線が閉じないうちに、必要な栄養素を摂ったり、成長ホルモンを促すために睡眠をしっかりとるなどの対策をするのが良いでしょう。

    成長期後の大人でも身長を伸ばす方法はありますか?

    上記でご紹介したように、身長を伸ばすことは骨を伸ばすことであり、骨端線が閉じてしまうと成長は止まります。

    まれに成長期を過ぎた、20代や30代の大人でも身長が伸びたというもいますが、成長が止まる時期は、人によって個人差があります。

    ですが大人になってどうしても身長を伸ばしたい場合は、ストレッチや背伸びがおすすめです。

    大人になると体が硬くなります。体が硬くなると収縮がおきるので、これをほぐすことで本来の身長を取り戻せることがあります。

    身長を伸ばす方背が伸びる時は、体重が増えるの?

    背が伸びるサインの項目で解説しましたが、子供の身長が伸びるのと、体重の増加は同時に起こります。

    特に中学生・高校生の女子に多いのですが、体重を気にしすぎるあまり、ダイエットをしてしまうことがあります。
    また最近は小学生の女子でも、体型を気にする子が多いです。
    成長期に無理なダイエッをすると、身長が伸びにくい原因にもなりかねないので、大人がきちんと教えることが大切と言えます。

    大人が身長サプリを飲んでも大丈夫?

    はい。もともと子供が飲めるものですから、20代、30代、40代などの大人が飲んでももちろん大丈夫です。
    但し牛乳で溶かすタイプなどは、カロリーの摂りすぎに注意した方が良いでしょう。

    手術で身長を伸ばす方法があるって本当?

    はい。身長を手術で伸ばす方法は、実際に行われています。
    日本でも手術を行っている病院はありますが、膨大な費用がかかること、手術のあとのリハビリ期間が長い、健康な骨を切らなくてはならない事などから、手術自体は普及していません。

    身長を伸ばす方法まとめ

    子供の成長は、どんな親でも少なからず不安になるものです。

    今回お伝えした身長を伸ばす方法は、必ずしも身長が伸びるというわけではありません。
    ですが、やってみる価値は大いにあると思います。

    「あの時に、しっかりやっておけばよかった」なんて思わないためにも、親としてできる限りのサポートをしてあげたいですね。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!