デリケートゾーン黒ずみはどのくらいの色が普通?平均を調査したら…

デリケートゾーン黒ずみはどのくらいの色が普通?平均を調査したら…

このページでは、デリケートゾーン黒ずみはどのくらいの色が平均的なのか、次のようなポイントから解説していきます。

目次

デリケートゾーン黒ずみの色はどのくらいが普通?日本人女性を対象に行った結果は…

デリケートゾーン黒ずみの色はどのくらいが普通?日本人女性を対象に行った結果は…

自身のデリケートゾーンを見て、「黒ずみが目立つ気がする…」「デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいの色が普通なんだろう?」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?他人には見せてもらいにくい部分だけに、自身の中の問題として悶々と悩んでしまう方もいると思います。

リケートゾーンの黒ずみはどのくらいが普通なのか、日本人女性に対して調査を行った結果が報告されています。黒ずんだ肌の写真を見てもらい、どれが自身のデリケートゾーン黒ずみの色に近いか選んでもらうという調査です。

調査結果をもとに、デリケートゾーンの黒ずみの色は平均的にどのくらいなのか探っていきましょう。

デリケートゾーン黒ずみの色がどのくらいか調べた調査結果を報告

デリケートゾーン黒ずみの色がどのくらいか調べた調査結果を報告

18-55歳の女性300人を対象に、デリケートゾーンの黒ずみの色を調査した結果を紹介します。
以下の、デリケートゾーンの黒ずみの色を30段階に分けた画像を女性300人に見てもらい、自分のデリケートゾーンの色を答えてもらうという調査です。
調査は「【意外】デリケートゾーンの黒ずみってどのくらいが平均?みんなの色を調査した」で公開されています。

調査結果で判明したデリケートゾーンの黒ずみの色TOP5を紹介します。黒ずみ度は数値が大きくなるほど黒くなります。

  • 1位:黒ずみ度1黒ずみ度1:43人
  • 2位:黒ずみ度30黒ずみ度30:29人
  • 3位:黒ずみ度3黒ずみ度3:17人
  • 4位:黒ずみ度10:16人
  • 5位:黒ずみ度13黒ずみ度13・20黒ずみ度20・25黒ずみ度25:10人

上記の結果を見てもわかるように、黒ずみ度1黒ずみ度1と黒ずみ度30黒ずみ度30が圧倒的に多い結果となりました。しかし3位以下の結果を見てみると、中間地点である黒ずみ具合だと答えた女性も。

それでは上記の結果を基本として、普通のデリケートゾーンの黒ずみ具合や平均的な色について詳しく見ていきましょう。

日本人のデリケートゾーンの色は黒ずみ度1・30と極端にわかれる

日本人のデリケートゾーンの色は黒ずみ度1・30と極端にわかれる

18~55歳の日本人女性300人に対して行った調査によると、最も多かったデリケートゾーンの色は黒ずみ度が最も低い「黒ずみ度1でしたが、次に多かったのは最も高い黒ずみ度「黒ずみ度30黒ずみ度30でした[参照:デリケートゾーンの黒ずみの色で最も多かった色は?]。

黒ずみ度1はほぼ顔の肌の色と同じくらいで、黒ずみ度30はかなり日焼けした肌くらいの色です。つまり日本人女性のデリケートゾーンは、黒ずみの色がかなり薄い方と、かなり濃い方と両極端にわかれているということです。

3位以下では中間地点に票が集中

デリケートゾーンの黒ずみの色がどのくらいか調べた調査によると、黒ずみが薄い方と濃い方に極端にわかれていることがわかりました。

しかし3位の黒ずみ度3黒ずみ度3は普通の色白な肌の色に近く、4位にランクインした黒ずみ度10黒ずみ度10は一般的な日本人の肌色と大差ありません。そして5位に同列ランクインしている黒ずみ度13黒ずみ度13・黒ずみ度20黒ずみ度20・黒ずみ度25黒ずみ度25では差が大きく、黒ずみ度13黒ずみ度13では多少黒く見える程度であるものの、25では赤黒く見える肌色です。

このように見ていくと、日本人女性のデリケートゾーンの黒ずみの色は、人により大きく違うことがわかります。顔と同じような肌色である人もいますが、真夏に日焼けをしたかのような色の方も。そして赤く見えたり、赤黒く見えたりする程度の方もいるようです。

自分のデリケートゾーンの黒ずみが濃い色でも、デリケートゾーンの黒ずみを治すおすすめの市販クリームでケアすれば、改善できる可能性があるので落ち込まないでくださいね。

デリケートゾーン黒ずみの平均的な色は「黒ずみ度13」

デリケートゾーン黒ずみの平均的な色は「黒ずみ度13」

それでは日本人女性において、デリケートゾーンの黒ずみの平均的な色とはどのくらいなのでしょうか?調査結果から算出した日本人女性の平均的なデリケートゾーンの黒ずみの色は、「黒ずみ度13黒ずみ度13となりました。

黒ずみ度13黒ずみ度13の色を表現すると、「少し色黒の方の肌色」「赤黒く見える程度の肌色」「薄く赤茶色がかった肌色」です。黒ずみ度は1~30までで表現されているので、濃さの数値としてもほぼ平均レベルが13となります。

デリケートゾーン黒ずみの色がどのくらいかは年齢により変わる

デリケートゾーン黒ずみの色がどのくらいかは年齢により変わる

デリケートゾーンの黒ずみ調査の結果からは、黒ずみの色が年齢により変わることもわかります。

一般的に黒ずみを作り出すメラニン色素は、加齢とともに増加する傾向です。しかし調査結果によると、10~30代でデリケートゾーンの黒ずみ度が高まり、30~50代で低くなることが報告されています。

デリケートゾーンの黒ずみはホルモンバランスに影響されるため、10~20代で色が濃くなると考えられます。また妊娠によるホルモンバランスの変化で黒ずみが発生することも多いため、妊娠する女性の多い20~30代で黒ずみ度が高まったとも考えられるでしょう。

また日本人の肌の色は年齢とともに赤から黄色に変化していくため、若い女性の方がデリケートゾーン黒ずみの色である「赤黒さ」が目立つのかもしれません。

デリケートゾーン黒ずみの平均的な色は部位によっても変わる

デリケートゾーン黒ずみの平均的な色は部位によっても変わる

実はデリケートゾーンの黒ずみは、部位により黒ずみやすさが変わります。一般的にVラインよりもIラインの方が黒ずみは起こりやすい傾向があります。

IラインはVラインより自身で見る機会が少なく、黒ずみが放置されがちな部位。さらに粘膜近くで皮膚が薄いので、黒ずみが起こりやすいと考えられます。「Iラインだけ黒ずみが濃い…」と悩まれているなら、おかしなことではありませんのでしっかりケアしていけば大丈夫です。

デリケートゾーンの黒ずみがあるのは普通?日本人女性はメラニンの影響で肌色ムラが起こりやすい

デリケートゾーンの黒ずみは普通?日本人女性はメラニンの影響で肌色ムラが起こりやすい

「デリケートゾーンはピンク色が普通」と思われている方もいるでしょうが、実は日本人女性はメラニンの影響で肌色ムラが起こりやすく、きれいなピンク色のデリケートゾーンである方は少ないと言われています。

肌色ムラとはシミではない、境界線が不明瞭な肌色のムラのこと。肌のくすみとも言えます。

メラニン量が少ない白人女性はデリケートゾーンの黒ずみが少なく、ピンク色をしていることもあります。しかしメラニンの影響で肌色ムラが起こりやすい日本人女性では、ケアをせずにきれいな真っピンクのデリケートゾーンでい続けることは難しいと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次