名古屋の佐井泌尿器科・皮フ科クリニックです

膣縮小・尿失禁レーザー治療・ED治療・バイアグラ・AGA治療・プロペシア・女性のびまん性脱毛・LOH症候群などお気軽にご相談下さい

005)再生医療

幹細胞を増やすサプリメント「ステムCニュートリション」

リオルダン・クリニックのニール・リオルダン博士は身体の修復細胞である

末梢血幹細胞を増加させる再生医療サプリメントを開発しました。
このサプリメントは米国を初め世界で販売されています。


 <製品の特徴>

ステムCニュートリションは経口摂取によって骨髄に固定されている造血幹細胞の放出を促進して、流血中に造血幹細胞を動員します。

ステムCニュートリションを1日8カプセル投与したととろ、末梢血中の造血幹細胞の細胞が最高100 % 、CD34+細胞が最高50%増加しました。また血管の修復や血管新生に密接に関わる細胞であるEPCs(血管内皮前駆細胞)は100%増加しています。

造血幹細胞は現在わかっているだけで、神経細胞(神経細胞、 膠細胞、星状細胞)、骨格筋細胞、心筋細胞、及び肝細胞に変化が可能であるため、本製品は様々なアンチ工イジングや機能修復に適しています。

■開発者(Neil Riordan)は下記の症状に適しているとコメントしています。




・アルツハイマー症 
・動脈硬化症  


・心疾患リスクファクターが高い 

・ED(男性勃起不全)が重篤 
・脳卒中後の回復促進 


・リウマチ性関節炎  
・多発性硬化症  
・脊髄損傷  
・多発性硬化症  


・乾癬性関節炎  
・筋ジストロフィー  
・リウマチ性多発性筋痛症 




 その他修復が必要な疾患、例えばスポーツ外傷・腰痛・膝痛・肩痛などにも適しています。

日本では
点滴療法研究会会長の柳澤先生は自らの重症頸椎症にこのサプリメントを使用したところ、

痛みが劇的に取れ、著しい回復を果たしました。

さらに先生のスピックサロン・メディカルクリニックで

外来再生医療として使用した300人以上の経験例から、

頸椎症・腰椎症、股関節・膝関節症、メニエール症候群、神経疾患、

動脈硬化症、歯周病、アンチエイジングからED(勃起不全)まで、

新しい再生医療サプリメントとして期待以上の成果を上げられました。




$院長が自ら行った最新美容治療体験記

 1瓶 120カプセル 13,650円(税込)


<お召し上がり方>



 摂取量の目安:

  摂取目的が明確な場合は1日8カプセルを朝夕2回に分けて

  お水またはぬるま湯でお飲み下さい。

症状が安定したら(または、アンチエイジングの目的では)
  通常/1日4カプセルを朝夕2回に分けお飲み下さい。


 <内容物(1カプセルあたり355mg)>

 ・VaminD3(Cholecalciferol) 625IU

 ・β1.3-Glucan60% 25mg 

 ・L.Fermentum Mixture 50mg

 ・Special L.Fermentum 200mg

 ・Pomegranate Fruit Ext Ellagic Acid 75mg


 

投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink

ステムCニュートリションの効果(基礎データ)

ステムCニュートリションの効果については2つの文献があります。
まず
1)血管新生や修復に関わる幹細胞 (EPCs) が、本製品の摂取で血中の量が2倍に増加する。
※ EPCs (Endothelialprogenitorcels:(血管)内皮前駆細胞)とは血管内皮前駆細胞は血管新生や血管修復などにかわる細胞

6 人の健康な人に本製品を1 回 4 カプセル、午前と午後に14 日間経口摂取させ、 VEGFR2と CD34 の両方が陽 性の細胞の割合(白血球中の割合)を時間変化でグラフにした。

結果、 EPCs の割合が約 4% から日が経つにつれて上昇し、 14 日後で約8%と倍に伸びている。
このことから、流血 中の血管内皮前駆細胞 (EPCs: 血管新生や血管修復にかかわる幹細胞)の数が平均 2 倍まで増加したことがわかる。

2)流血中の造血幹細胞が、本製品の摂取で血中の量が 2倍に増加し消費される。

健康な16人に、本製品を1日8カプセルを朝夕2回に分けて経口摂取させ、流血中の造血幹細胞の一種であるCD133+細胞とCD34+細胞の流血中の量を測定した。
その結果、 CD133+細胞(下左グラフ)が最大100%、CD34+細胞(下右グラフ)が最大 60%と有意に増加した。
また造血幹細胞が14日目で減少しているのは、これらの造血幹細胞が他の細胞に変化したためである。(例.肝細胞や筋細胞や神経細胞など)

このようにステムCニュートリションが幹細胞を増加させることが、
基礎データで裏付けられています。

投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink

ステムCニュートリション よくある質問

よくある質問 Q ステムCニュートリションはいつ飲んだら良いのですか? 

A 朝夕1日2回、水またはぬるま湯でお飲み下さい。胃がもたれると感じる場合は食後にお飲み下さい。

Q ステムCニュートリションの摂取量は? 

A 1回2カプセルを朝と夕(1日2回)にお飲み下さい。症状のある場合は1回3-4カプセルを朝 とタ(1日2回)に飲むことをお勧めします。

Q ステムCニュートリションはどのような成分で作られていますか?

A ライ麦パンの発酵にも使われているサワ一種の乳酸菌、緑茶成分、ザクロ抽出エキス、クコの実、ビタミンDで作られています。使用している成分は全て天然成分です。

Q ステムCニュートリションはどのような人が飲むと良いのですか?

A 加齢、変形性関節症、関節リウマチ、脳卒中、心臓病、勃起不全、スポーツ外傷などは、修復細胞である末梢血幹細胞が減少します。本製品は修復細胞を必要とする方、高いレベルの健康やアンチエイジングを目指す方にお奨めします。

Q ステムCニュートリションを健康な人が飲むとどうでしょう?

A 加齢とともに血液中の幹細胞は減ってきます。末梢血幹細胞が普通の人より少なければ加齢が進み、逆に十分に多ければ若さを保てます。特に40 歳を超えると幹細胞の量が劇的に滅りますので、この年代以降の方のアンチ工イジングにお奨めします。

Q 幹細胞は加齢ともにどのくらい減っていくものなのですか?

A 個人差はありますが、生まれた時を100とすると、22歳くらいから急激に滅り、45 歳では50%、55歳では30%、70歳では10%になるというデータがあります。

Q ステムCニュートリションを飲んではいけない人はいますか?

A アレルギー症状がなければ心配いりません。妊娠中、授乳中の方は主治医にご相談下さい。 Q 併用してはいけない薬・サプリメントはありますか? A 特にありません。

Q 小児が飲んで大丈夫ですか?

A ステムCニュートリッションは成人を対象として作られた製品です。小児の摂取は想定していません。

Q ステムCニュートリションの賞昧期限は?

A ボトル側面表示の枠外に年/月で賞味期限を表示していますが、開栓したら 1 ヶ月半以内を目安にお飲み下さい。

投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink

マイセルACR療法 (自己多血小板血漿注入療法)

 PRP療法とは、自分の血小板を使った再生医療のひとつです。
テノールやメソダームなどの併用で相乗効果もあります。

■治療の流れ
1. ご自身の血液を使用するため、採血を行います。
2. 採血後、血球成分と濃厚血小板血漿に分けます。
3. 濃縮させた血小板血漿を「しわ」や「たるみ」など気になる部分へ注入します。

■治療直後の状態
・発赤は1~2時間程度で通常消失します。
・腫れは約7日間で改善します。
・内出血が起こることがあるものの、7~10日で改善します。
・皮膚のごわつき感は3日程度で改善します。

詳細はこちら

投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink